文字の大きさ ふつう大きい

看護部紹介

セクション紹介

地域包括ケア病棟

【病床数:25】
在宅、施設、近隣大学病院等からの入院、転院の受け入れをしています。
家庭的な雰囲気で、優しい笑顔の溢れる 全25床のこじんまりとした病棟です。
一人一人の患者さんのケアを行ない、絶えず見守り、その人らしく入院生活が送れるよう援助しています。
他部署との連携により、不安になりがちな患者様や患者様家族の精神的な支えもできるよう努めています。

療養病棟

【病床数:35】
急性期を脱し、病状の落ち着いた方の療養や積極的治療の休養中の方などが入院しています。
排泄や清潔ケア等は、ほとんどの患者様が介助を必要とされており、また必要な患者様に対しては、
輸血や点滴等の治療的なケアも行なっています。大切な時間をその人らしく過ごしていただけるよう、
他部署とスクラムを組み、明るく楽しく和気あいあいとした雰囲気を作りながら日々のケアに励んでいます。

透析室

【病床:14】
安心・安全な透析治療が提供できるよう、看護師間だけでなく、一緒に働く臨床工学技士や医師とも
万全な協力体制で入院外来患者様の治療を行っております。
外来透析患者様には、個別に連絡ノートを作成し、ご家族とこまめに連絡をとらせていただきます。
長い治療期間を共にするため、その人らしい生活を安心して送れるようサポートしていきたいと思っています。

外来

患者様一人一人の声に耳を傾け、地域に密着した内科外来です。
そのため、家族ぐるみで通院されている患者さまも大勢いらっしゃいます。
訪問看護や在宅医療部門と連絡を密にとり、より良い看護サービスの提供を目指しています。

在宅診療室

お一人での通院が困難な患者様のご自宅や集団生活の場である施設に医師が定期的に訪問し
診療することを在宅診療といいます。
在宅での生活には様々な職種の方々が関わっています。医師の訪問もその一つです。
看護師は訪問に同行し診療の補助をするとともに地域の様々な職種の方と連携を図り、
安全安楽に在宅で療養生活が送れるよう援助しています。

医療安全対策室

室長に医師また副室長に看護師を置き、他各部署所属長と看護部リンクナースを入れ活動しています。
日々変動する情報をいかに病院全体で共有できコミュニケーションがとれるかに奮闘しています。
今後は5S活動も実施予定。病院全体で一丸となって安全で安心な院内環境整備に取り組みます。

訪問看護ステーション

利用者さんや利用者さん家族が安心して在宅で療養生活が送れるよう、医療・地域の関連機関と連携を図り、
24時間体制で質の高い看護を提供しています。
思いやり・気づき、事故防止、専門職としての自己研鑽、社会的要求に対応できる知識・技術の向上を図り、
看護活動を行なっています。

 

 

 

 
Copyright © 2015 Omori Sanno Hospital. All Rights Reserved.